↓つくって楽しむのはこちら
↓買って楽しむのはこちら
作って楽しむ革工芸


大人気の木の葉のブローチをつくってみませんか?
つけているとかならず目を引く素敵なブローチが、だれにでもカンタンにできます。



画像をクリックすると拡大図をご覧になれます
まず、型紙を作ります。
型紙は本物の木の葉を参考にしてつくりますが、木の葉そのものを型紙にしてしまってもいいかもしれません。
そして革にえんぴつなどで形をうつします。

えんぴつの線通りに革をカットしていきます。
革用のハサミがなかったら、切れるもので代用してください。

カッター(葉脈を入れるため)を入れる前処理として、革を水でよく濡らします。

カッターで葉脈を入れます。
革用カッターがなかったら、彫刻刀や太い釘などで代用してください。


着色します。
皮革用染料を使用しますが、インク系のもので代用してもかまいません。
革を水で濡らしながら、薄い色から濃い色へ塗っていきます。
色味によりますが、薄い色は乾くとあまり発色していない場合がありますので注意が必要です。

塗り終わったら、乾いてしまう前にひねりを加えて形をつくります。

形ができたら、裏面に皮革硬化剤を塗ります。それによって水に強くなり、型崩れを防ぎます。
柔らかい手触りがお好みであれば、この工程は省いてもかまいません。

その後 表面に艶出し剤を塗り、裏面にピンをつければできあがりです。














back

back

back

back

back

back

back

back



2008 Copyright(c) ATELIER TONTON All rights reserved.